あかりかえでブログ

独りでニュース番組目指してみる。

【傑作アニメ映画】旅立ちの日に見たくなる映画No.1

こんこんばんは😗

 

彩光かえでです

 

今日から三月です。

 

あったかいのは嬉しいけど、花粉は嬉しくない(。_。)

 

さて、今日大学に行く途中に沢山の高校生を見かけました。

 

どうやら卒業式のようですね。

 

ということで、今日はこの時期に見たくなる私の大好きな映画を紹介させてください!

 

 

おおかみこどもの雨と雪

 

 

大学生の花が恋したのは、オオカミでありながら人間として生活するオオカミ男だった。そんな彼との間に授かった命、雨の日に生まれた弟の雨と雪の日に生まれた姉の雪。2人の”おおかみこども”に恵まれ、秘密を抱えながらも幸せに暮らしていたある日、父のオオカミ男が不幸の死に見舞われる――。

取り残された花は悲しみに打ちひしがれながら、それでも2人の子供たちを育て上げると誓う。「オオカミか人間か」どちらも選べるように田舎へと移り生活を始めるのだった――。

母と子供たちの成長、そして決断。変わった家族の変わることのない感動の物語。

 

 


映画「おおかみこどもの雨と雪」予告2

 

おススメ度:★★★★★

 

数少ない満点作品な気がする。

細田作品のファンの偏見ありヾ(•ω•`)o)

 

卒業に関わる全ての人へ。

 

特に学生、その両親にぐっさりさりさり刺さります。 

 

 

この時期に見たくなるのは、母親目線で見ているからでしょうか。

(あんたは独身で学生(。・∀・)ノ)

 

花の物語と雨の物語と雪の物語。

 

それぞれの物語があって、それぞれの成長と変化があって、決断がある。

 

そんな家族が織りなす感動の作品です。

 

子どもの卒業、巣立ち、自立。

 

そんなリアルに重なる部分がこの時期に見たくなる理由です。

 

同じような今を迎えている全ての人に絶対見てほしい作品。

 

きっと、温かな春の訪れを後押ししてくれます――。

 

それでは<(_ _)>

 

 

 

細田守監督最新作今夏公開ですっ!>


『竜とそばかすの姫』特報【2021年 夏公開】