あかりかえでブログ

独りでニュース番組目指してみる。

【進路に悩める学生へ】『未来を見る目』で決める大学選びⅡ

こんこんばんは😗

 

彩光かえでです

 

前回、大学選びに役立つ記事を書いてみました。

今日はその第弐弾ということで、進路に迷っている方、必見です!

 

(☟前回の記事も参考までに😐)

kaede-akari39.hatenablog.com

 

今日のキーワードはずばり!!

 

「研究」

 

大学とは研究機関です。

 

その最先端を覗きます!

 

①涙で乳がんを見つける⁈

神戸大学工学研究科が開発した検査技術。

 

乳がん検査がなんと涙でできるという。

 

痛みを伴わないのはもちろん、病院に行く必要もなくなるかもしれない。

 

検査のポイントは「エクソソーム」

 

エクソソームとはあらゆる細胞が放出する微粒子で、細胞によって異なる。

 

異常のある細胞のエクソソームを検知することで乳がんの判定が可能だという。

 

現在実用化に向けてクラウドファンでイングを募っており、2022年にも製造販売の承認を要請する予定。

 

学生の立場から見れば、医学分野の研究が工学部でも行われている、という点において決して医学部系統の学部に入らずとも、医療への貢献は十分にできる。道は一つじゃない。そう思わせてくれる。

 

医療系を目指す学生が工学部の研究室を覗いてみても面白い発見がある。

 

涙で乳がんを検出する!研究を加速させる一歩にご支援を。(竹内 俊文(神戸大学) 2021/01/20 公開) - クラウドファンディング READYFOR (レディーフォー)

 

神戸大学大学院工学研究科・工学部

 

 

②どんなに食べてもゼロカロリーな糖⁈

香川大学農学部の研究。

 

砂糖と同程度の甘さ、でもゼロカロリー。

 

そんな夢の糖(=希少糖)を研究している。

 

希少糖は自然界に存在するがその名の通り、わずかしかない。

 

しかし、香川大学は一般の糖を希少糖に変える酵素を発見し、希少糖を増やすことに成功した。

 

食品への代替はもちろん、高血圧の患者もスイーツが食べられるようになったり、農薬として効果があることも分かってきた。

 

香川といえばうどん。

 

そして夢の糖。

 

そんな時代が近いかもしれない。

 

甘いもの好きにはたまらない研究に見えた。

 

香川大学発の希少糖 | 香川大学農学部

 

 

③まとめ

理系大学生の偏見により理系の特集になってしまいました。<(_ _)>

 

けれど言いたいのは、

 

「工学部は機械」

 

農学部は農業」

 

みたいなことは絶対ないです。

 

工学部にしろ農学部にしろどの学部でも、思いもよらない研究をしていたりします。

 

学部の名前だけ見て、「ないわ」って思わずに一度研究室を覗いてみる(調べてみる)と、案外「なにそれ(笑)」みたいな研究していたりしますよ。

 

是非、参考までに。

 

では。また♪(´▽`)

 

<追記>

もっと知りたい!

という方がもしいましたら、第参弾も書きたいと思います。よければコメント、読者登録、SNSTwitter、インスタ)フォローお願い致しますヾ(•ω•`)o